医療現場の苦労もたくさんありますが、ここでは医療事務における苦労を紹介

医療系の仕事に関して、日本経済や人口問題などの側面からどのように変化していくか考えてみましょう。

医療業界の現在

日本では、急激な高齢化と、医療技術の進歩によって、医療業界は激動の時代を迎えています。
国民の1/4が65歳以上という超高齢化社会の進展によって、医療に対する要求は今以上に、ますます高まっていくでしょう。

また、介護なども、高齢化社会に伴い、需要の高まりから制度が変わってきています。
さらには、臨床医学中心の医療から、事前にリスクを把握し、回避策を考える予防医学や、個人ごとに最適な医療を行うオーダーメイド医療などの新しい医療技術の開発も進んでいます。

介護分野の求人は今後増加

医療業界には専門的、閉鎖的というイメージがありますが、高いスキルを有していれば、どこの医療機関へ行っても通用するものです。
病院では、患者に好まれる風通しの良い環境をつくるため、医師、看護師、事務職の医療従事者が連係して処置にあたる病院が増えています。電子カルテの導入などのIT化の波も押し寄せて、事務職にもITスキルが求められます。

特別養護老人ホームなどの施設では、高齢化社会の影響によりケアマネージャーやホームヘルパーなどの求人が今後もますます増えていくでしょう。
医療機器メーカー、製薬会社といった医療の周辺業種でも、専門領域を持ちアフターケアまでもできる人材は今後もニーズは大きくなるでしょう。

医療事務の今後

医療事務は、診療報酬制度や介護保険制度などの、サービスの販売価格を国が決める方式を取っているため、競争原理が存在せず、ある意味安定した業界でした。
最近になって医療費削減対策としての診療報酬の改定、相次ぐ介護サービスの乱立により、顧客の囲い込みなどの競争が激化し、倒産・撤退する企業も出てくるでしょう。

医療事務においても自由化の波が押し寄せ、競争激化による倒産も考えられる状況となりました。
また、訴訟リスクなども年々上昇し、法律関係のメンからも医療事務業界への影響が大きくなっています。

人気サイト

ポイントサイト
友達を紹介すれば、友達が貯めたポイントを最大90%還元!