医療系・福祉系の仕事って?

病気や怪我をすれば病院にかかったり、障害を持っている人は日常生活に必要な介助サービスを受けたり、医療系・福祉系の仕事は、生きていく上で必要不可欠な仕事というのはみな理解していることでしょう。
多様な職種がありますが、人の健康や命、関わる責の重い仕事です。

各種資格取得が必要であったり、実務経験を要求される職種も多々あります。
医師、看護士、介護福祉士、鍼灸士、助産師、薬剤師など医療系・福祉系の職種につくには、身体に関する高度な専門知識、技能を持ち、人に接するコミュニケーション能力も備えている事が必要です。

一番身近な医師や看護士の仕事はどんなものなのでしょうか?

医師の仕事

医師は大きく分けると「臨床医」と「研究医」に分かれています。
「臨床医」は病院に勤務したり、診療所を経営し、人に接し病気の予防や治療を行ないます。

一方、「研究医」は大学や研究機関で、病気の原因を発見する基礎医学の研究を行ないます。
ほとんどの病院の医療体制は、医師を中心として、看護師、薬剤師、臨床検査技師など多くのスタッフと連携をとり、「チーム医療」で患者の治療にあたっています。

医師には患者に対しての診療、治療の知識はもちろん、医療現場におけるリーダーとしての判断力や統率力をはじめ、生命を預かる者としての責任感が必要となります。
そのため、患者はもちろん、医療スタッフとのコミニュケーション能力も必要になります。

看護師の仕事

看護師は、医師の指示を受け診療・治療の補助、、病気や怪我で不自由な療養生活を送る患者に看護を行います。
また、一番身近な存在として患者の相談などの心のケアも行います。

「保健師助産師看護師法」においては、「傷病者の療養上の世話、診療上の補助をすることを業とする者」と定義されています。

病院では、病棟、外来、手術室の三つに担当が分かれ、勤務体系も異なります。
約120万人いると言われる看護従事者の多くは病院や診療所で働いていますが、保健所や介護老人保健施設、学校などにも就業してる人もいます。

人気サイト

ポイントサイト
空いた時間に簡単お小遣い稼ぎ!業界最高水準の還元率!
バイナリーオプション国内
おすすめのバイナリーオプションを選ぼう!
当たる占い
おすすめの恋愛が当たる占いを探してみよう